サントスドゥモン空港における窃盗(置引き)事件

2021/10/26
報道によると、10月18日、サントスドゥモン空港の出発カウンターにおいて、搭乗手続きを行っていたブラジル人搭乗客がリュックサックを盗まれる事件が発生しました。被害者は、手荷物カウンターでスーツケースを預ける続きを行っていた際、リュックサックを背後の床上に置いたままにしていました。犯人は、被害者の背後に近づいて隙を伺い、リュックサックを盗んで逃走しました。

【当館から】
 ・社会的隔離措置の緩和を受け、現在、サントスドゥモン空港の利用者は増加しており、カウンターでも手続き待ちの列ができる状況です。
   ・空港建物内であっても、自分の荷物からは決して目を離さないでください。
 ・財布やパスポートなどの貴重品は、リュックやスーツケースへの収納は避け、可能な限り身に着けてお持ちください。