リオ市による社会的隔離措置の強化

2020/12/11
◎12月11付リオ市官報特別版において、同市による社会的隔離措置の強化が発表されました。
◎ブラジル国内の感染者数は6,781,799人(前日比+53,347)、死亡者数は179,765人(同+770)(10日現在)。3密(密閉、密集、密接)を避け、こまめな手洗い、咳エチケットの徹底など感染予防に努めてください。
◎邦人の方への感染が確認された場合には、当館までご一報願います。
 
 【リオ市における社会的隔離措置】
●週末及び休日にコパカバーナ、イパネマ、レブロン、フラメンゴ各地区で実施されている歩行者天国の当面の禁止。
●週末及び休日の海岸沿いにおける路上駐車の禁止。
●マンション内のサウナやプールなど、マスクを着用しないレジャー施設の使用禁止。
●公共交通機関の混雑緩和のため、業種別に業務開始時間の設定。
 -工業部門:午前7時から。
 -サービスセクター:午前9時から。
 -商業:午前11時から。
●輸送の混雑回避のため、ショッピングセンター及び商業施設の24時間営業を許可(延長)。
 
【参考】
●ブラジルにおける感染状況(10日現在。括弧内は前日比)
ブラジル全体:感染者数6,781,799人(前日比+53,347)、死亡者数179,765人(同+770)
 (当館管轄3州)
リオデジャネイロ州:感染者数384,942人(+3,298)、死亡者数23,630人(+84)
ミナスジェライス州:感染者数459,537人(+6,173)、死亡者数 10,565人(+66)
エスピリトサント州:感染者数210,548人(+2,040)、死亡者数 4,543人(+29)
https://covid.saude.gov.br/