出国便参考情報(エミレーツ航空の搭乗制限について)

2020/8/14

◎エミレーツ航空は、ドバイに到着する全ての搭乗者(トランジットのみを行う場合を含む。)が搭乗する際に、コロナウィルスPCR検査「陰性結果を示す証明書」の携行を必要とする旨を同社ホームページ(https://www.emirates.com/jp/japanese/help/flying-to-and-from-dubai/tourists-travelling-to-dubai/)上で公表しています。
◎検査は、出発前96時間以内に受診する必要があります。(証明書の発行ではなく、検査自体を同時間内に行う必要がある点にご注意下さい。)
 
1 現在、エミレーツ航空のブラジルからの出国便は、サンパウロ(GRU)からのみとなっています。
 
2 エミレーツ航空ホームページによれば、アラブ首長国連邦政府により認定検査機関が指定されていますが、検査機関が指定されていないその他の国(ブラジル含む)については、「出発国で信頼された認定検査機関」を利用する必要がある旨の記載にとどまっています。
 
3 乗継便利用を含むドバイに渡航する全ての搭乗者は、医療情報フォーム(https://c.ekstatic.net/ecl/documents/dubai-health-declaration-form.pdf)に必要事項を記入のうえ、チェックイン時に提出する必要があります。(このフォームはチェックインカウンターでも配布されるとのことです。)
 
4 12歳未満の児童、中程度から重度の障害を持つ搭乗者については、事前検査を必要としない例外措置が取られています。