日本への畜産物違法持ち込みに対する罰則強化

2020/7/1

71日より,日本への畜産物違法持ち込みに対する罰則が強化されました。

 

日本への肉製品の持込みは原則禁止されています。

家畜伝染病予防法が改正され,71日より違反者への罰則が強化されました。

検査を受けずに海外から畜産物を違法に持ち込んだ場合,「3年以下の懲役または300万円(法人の場合は5,000万円)以下の罰金」となりますので,ご注意ください。

免税店で購入したもの,海外から送付される荷物も対象となります。

詳細は以下の動物検疫所HPをご覧ください。

http://www.maff.go.jp/aqs/tetuzuki/product/aq2.html