リオ市による社会的隔離措置の緩和(一般商店の再開)

2020/6/29

・6月29日付リオデジャネイロ市官報上において,6月27日より,ショッピングセンター外の理髪店を含む一般商店(comercio de rua)の営業再開(11時から17時まで,十分な感染症対策の実施を条件)を許可した旨掲載されました。
・本件再開は経済活動再開計画の第3段階で許可される予定でしたが,新型コロナウイルスに係る各種数値(ICU病床占有率や一般病床占有率等)が基準の範囲内であることから,前倒しで認められるものです(現在は全6段階中,第2段階)。
・リオ市の社会的隔離措置は,今後も状況に応じ変更される可能性がありますので,最新情報の収集に努めてください。
・ブラジル国内の感染者数は1,344,143人(前日比+30,476),死亡者数は57,622人(同+552)と,依然として高い水準で増加しています(28日現在)。3密(密閉,密集,密接)を避け,こまめな手洗い,咳エチケットの徹底など感染予防に努めてください。
・邦人の方への感染が確認された場合には,当館までご一報願います。

【リオ市における段階的な経済活動の再開計画】
https://www.rio.br.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00080.html

【参考】
●ブラジルにおける感染状況(28日現在。括弧内は前日比)
ブラジル全体:感染者数1,344,143人(+30,476),死亡者数57,622人(+552)
(当館管轄3州)
リオデジャネイロ州:感染者数111,298人(+2,495),死亡者数9,819人(+30)
ミナスジェライス州:感染者数43,864人(+1,123),死亡者数 918人(+19)
エスピリトサント州:感染者数43,683人(+38),死亡者数 1,568人(+2)
https://covid.saude.gov.br/