草の根・人間の安全保障無償資金協力「ノッサ・セニョラ・ド・ロザリオ病院改修計画」署名式

2020/2/11
2020年1月23日、在リオデジャネイロ日本国総領事館とフィーリャス・デ・サン・カミロ協会(ミナスジェライス州レゼンデ・コスタ市)との間で、対ブラジル草の根・人間の安全保障無償資金協力案件「ノッサ・セニョラ・ド・ロザリオ病院改修計画」の贈与契約署名式が実施され、大鶴哲也総領事とマリア・アウシリアドラ・デ・レゼンデ院長が署名を行いました。
 
被供与団体:フィーリャス・デ・サン・カミロ協会
署名日  :2020123日(木)
署名場所 :在リオデジャネイロ日本国総領事館
供与限度額:31,351米ドル
計画の概要:草の根・人間の安全保障無償資金協力は、日本政府が行う政府開発援助(ODA)の一部として拠出されています。この計画では、ミナスジェライス州レゼンデ・コスタ市にあるノッサ・セニョラ・ド・ロザリオ病院の改修を行い、同地域の地域医療サービスの向上に寄与することを目的としています。
 
 
[署名の様子]   [大鶴哲也総領事とマリア・アウシリアドラ・デ・レゼンデ院長]
[署名後の記念撮影]