リオ市セントロ地区における抗議デモに対する注意喚起(14日午後3時頃)

6月14日(金)、野党を中心とした政治勢力が呼びかけている伯全土におけるゼネストの一環として、リオ市セントロ地区カンデラリア広場付近(カンデラリア広場~セントラル駅)において、政府の年金改革や教育費削減等に反対する労働者らによる抗議デモが予定されています。
当地軍警察によると、現時点で規模の詳細は不明なるも、暴力行為等の発生に備え、セントロ地区周辺に厳戒態勢を敷くとのことです。
【当館から】
  1.  14日(金)は、セントロ方面への不要不急の外出を控えてください。
  2.  セントロ方面へ向かわれる際には、事前に交通情報等の収集に努めて下さい。治安当局との衝突や大規模な規制線が敷かれる可能性があり、これまでも同種の抗議デモに際し、過激化したデモ隊がバス等に放火する事案が発生しています。
  3.  抗議デモに遭遇した場合、暴徒化も予想されますので、安全な屋内に避難するか、直ぐにその場を離れてください。
  4.  抗議デモの終了間際は特に危険な時間帯です。デモが終了しそうだからといって、安易に近づかないようにしてください。
  5.  本件のほかにも抗議デモが発生する恐れがありますので、引き続き、デモ関連情報の収集にご留意ください。