「リオデジャネイロ連邦大学文学部日本語学科教室整備計画」

 在リオデジャネイロ日本国総領事館及びリオデジャネイロ日系協会は,「草の根文化無償資金協力」に関する契約書の署名式を行いました。本案件で日本政府は,リオデジャネイロ日系協会と連携してリオデジャネイロ連邦大学文学部日本語の教室整備等のため,88,853米ドル(9,951,536円相当)を限度とする無償資金協力を行います。
 リオデジャネイロ連邦大学文学部日本語学科では,学科内授業に加え,課外授業や近隣コミュニティー向け公開口座を実施する等,当地における日本語教育の重要な拠点の一つとなっています。今回の資金協力を通じて,同教室の語学学習用機材他(パソコンや机・椅子他)を整備することにより,学習環境及び学習の質の向上を図ります。
 
契約書署名式
日 時:2019年3月12日11時00分
場 所:在リオデジャネイロ日本国総領事館
署名者:在リオデジャネイロ日本国総領事館 星野芳隆総領事
     リオデジャネイロ日系協会 ミノル・マツウラ会長

 
 
契約書の交換
(星野在リオ日本国総領事,
マツウラ・リオ日系協会会長)
 
  星野総領事と日系協会のマツウラ会長他代表者,
ビアンカ・ダ・シルヴァ・リオ連邦大学学術・学
生支援部副部長,萩野同大学日本語学科准教授