在留届

在留届

在留届は、皆様が安心して海外生活を過ごすための第一ステップです。  
リオ・デ・ジャネイロ州、ミナス・ジェライス州(三角地域を除く)、エスピリト・サント州にお住まいになる方は在留届を忘れず提出しましょう。  
外国に住所または居住を定めて3ヶ月以上滞在する人は、その地域を管轄する日本大使館または総領事館に在留届を提出することが義務付けられています。  
在留届が出ていると役立つ例がたくさんあります。
⇒交通事故、災害等が発生した時。
⇒紛失した物を警察などから総領事館に回送された時。
⇒各種証明書を受ける際に身分事項等の確認に役立つので、手続きが早くすみます。  
届出は、総領事館の窓口のほか、郵便、ファックス((21)3235-2231), インターネットを通じた「在留届電子届出システム」( http://www.ezairyu.mofa.go.jp )でも行えます。
在留届の用紙は、総領事館の窓口で入手するほか、ファックス、インターネット(http://www.mofa.go.jp)で取り寄せることもできます。
詳しくは在リオデジャネイロ総領事館に御照会下さい。(電話:(21)3461-9595)

転居届

住所を変更された場合、転居届を提出して下さい。
転居届がないままですと、いざという時の連絡ができません。速やかに転居届を提出するようお願いします。
届出の用紙は、総領事館の窓口で入手するほか、ファックスで取り寄せることもできます。
届出は、総領事館の窓口のほか、郵便、ファックス((21)3235-2231)でも行えます。

帰国届

日本に帰られる際には、帰国届けを提出して下さい。
帰国届がないままですと、緊急事態の際にすでに帰国している方の安否確認に時間を取られ、実際に滞在している他の皆様の安否確認が遅れることになります。  
届出の用紙は、総領事館の窓口で入手するほか、ファックスで取り寄せることもできます。
届出は、総領事館の窓口のほか、郵便、ファックス((21)3235-2231)でも行えます。